>尾道学園とは>尾道式一貫教育>グローバル教育

尾道式一貫教育

グローバル教育

真のグローバル教育から生まれる世界への夢

考え方の違い・文化の違い・主義の違い・言葉の違いなど、壁を超え、互いに理解しようと歩み寄り、尊重しようと学び合う精神を育てる。尾道中学校・高等学校では、これこそ“真のグローバル教育”だと考え、生徒の夢の実現をバックアップしています。

台湾修学旅行

難関コース、総合進学コース、スポーツ芸術コース、機械科、電気科は、高校2年時に海外での文化体験と交流を目的として、台北市を中心とした台湾への修学旅行を3泊4日で実施します。最難関コースについては、高校1年時に「台湾スプリングスクール」として、英語によるコミュニケーション能力の向上を目指した特別プログラムを6泊7日で実施します。
グローバル社会の中で、海外への教育旅行の果たす役割は重要性を増しています。初めての海外体験となる生徒は多く、自己の進路を切り拓いていく契機としたり、自国の文化や生活、また国際社会や地球環境などについて見つめ直したりする好機ともなります。

ICC(国際コミュニケーションクラブ)

本校では、クラブ活動でも海外の人たちと円滑にコミュニケーションをとることができるようになることを目的として、ICCが活動を行っています。クラブ活動の時間には、英語を母語とする教員と英語を使ってコミュニケーションをとる中で、英語のスキルアップを図っています。
ICCでは、スピーチコンテストやイングリッシュニュースの製作、外国の料理作りなどの異文化体験活動を行っています。これらの活動に加え、平成29年度は保育園を訪問し、子ども向けの英語授業を行ない英語の楽しさを伝えました。また、海外の学生(台湾、オーストラリア、スイスなど)が教育旅行や文化祭での学校間交流のために来校した際には、ICCの生徒たちが学生大使としてホストしました。英語を使って様々な活動に取り組むことで、語学力はもちろんのこと、コミュニケーション力実践の場としています。

海外留学制度

1 ニュージーランドへの留学

オークランドに位置するマウントロスキルグラマースクールへ、3か月又は11か月の留学ができます。マウントロスキルは、ニュージーランドのトップ3校として挙げられるほどの優秀校で、オークランド大学にも数多く進学しています。留学生向けの英語教育には定評があり、英語力に応じて現地の生徒とともに自分で科目を選択して学ぶこともできます。期間中はホームステイをしながら異文化に触れ、クラブ活動にも参加しながら充実した生活を送ることができます。

2 台湾への留学

英語をはじめ授業レベルの高い、台湾の基督教協同高級中學と姉妹校提携しており、3か月又は1年の留学ができます。期間中は寮生活が中心で、同世代の高校生や大学生との交流を通して、文化・伝統・生活習慣などの違いを理解し、尊重し合うことで、グローバル精神を養うことができます。台湾は親日国であること、英語と華語(台湾の標準中国語)の両方を学べること、他の地域に比べて留学コストを抑えることができるなどのメリットがあります。

世界に羽ばたく「人財」の育成

本校では、グローバル社会に貢献する人財(人材)となるため、海外の大学で学ぶ価値を考える機会を積極的につくり、高校卒業後の進路選択のひとつとして、海外留学も考えるように、毎年海外大学・進学説明会を実施しています。台湾留学サポートセンターの協力により、台湾の大学への進学者を3年連続輩出しました。その際に必要な華語(台湾の標準中国語)を身につけるための台湾留学サポートセンターによる華語講座(台湾人講師)を昨年度より本校で開講しています。
これらは広島県初の試みで、尾道中学校・高等学校が目指すグローバル人財育成の為の重要な取り組みです。