>尾道学園とは>学校長挨拶・教育理念

学校長挨拶・教育理念

学校長挨拶

校長 三藤 義郎

Message from president

成長の「願い」から生まれた学校。

尾道中学校・高等学校は、保護者や生徒の
みなさんの期待とともに、進化を続けています。

学校法人 尾道学園 尾道中学校・高等学校 
校長 三藤 義郎

 尾道学園は昭和31年に学校法人設置が認可され、翌32年4月に尾道高等学校を開校して、昨年、60周年を迎えることができました。
 その設立には、保護者を中心とする市民の熱い想いと努力に導かれた経緯があります。その歴史を踏まえ、尾道学園は「地域の期待に応え、地域から信頼される学園」として、新しい時代に「志と誇りを持って、いきいきと生きる人間」を育成することを基本精神として掲げています。
  尾道中学校を平成18年4月に併設したのも、まさしく時代の要請や地域の期待、保護者の願いに応える学園の基本精神にもとづくものです。
  尾道中学校では、「挨拶日本一」を目指して他者を尊重する態度を養い、県下で唯一「7つの習慣J®」の導入校として生徒たちの自主的な意見が飛び交う授業を見据えて、今求められている新しい学びを支える基盤、仲間を信頼し安心して自分を表現できる環境づくりをすすめています。また、キャンパスを同じくする高校生と学校行事やクラブ活動などをはじめ普段から間近に接することができる環境は、個性あふれる上級生たちがそれぞれに備えた多様な価値と傑出した力から大きな刺激を受けて、ここで学ぶことの誇りと自らの可能性を広げ個性をかたちづくることを導きます。

 尾道高等学校が現在すすめている新しいコース編成をはじめ、「7つの習慣J®」の活用やグローバル教育の推進など豊富な教育プログラムの設定も、まさしく時代の要請や地域の期待に応える学園の基本精神に基づくものです。
 普通科では、最難関、難関、総合進学、スポーツ芸術の4コースを設置し、生徒それぞれのこれまでをふまえ、一層豊かなこれからをきりひらく確かな学力と豊かな人間性、さらに大きな夢と高い志を育みます。
 工業科では、機械科と電気科を設置し、各種の検定や資格取得につながる学習や実習を通して高度な専門職業人としての資質や能力を育成し、AIを中心とする技術革新がすすむ新時代にあっても臆することのない確かな技能と自信を身につけます。

60年の歴史を誇りある礎として、尾道中学校・高等学校は、礼節を重んずる進学校として、引き続き学習・スポーツ・芸術を通して、生徒たちが今の自分とこれからの自分を信じることができ、仲間と共に志を高めあうことのできる教育活動をつづけ、「地域の期待に応え、地域から信頼される学園」を、より一層進化させることを目指します。

「7つの習慣®」および「7つの習慣J®」は、フランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。

教育理念

私たちは
「地域の期待に応え,地域から信頼される学園」
として,新しい時代に
「志と誇りを持って,いきいきと生きる人間」
を育成します。