TOP尾道中学校>校長挨拶





ごあいさつ

尾道学園は創立60周年を迎えました

 
 
昭和31年に学校法人設置が認可され、翌32年4月に尾道高等学校を開校した
尾道学園は、今年、60周年を迎えました。

 60年前に保護者を中心とする市民の熱意と努力に導かれて設立できた経緯をふまえ、
尾道学園は、「地域の期待に応え、地域から信頼される学園」として、
新しい時代に「志と誇りを持って、いきいきと生きる人間」を育成することを基本精神として掲げています。

尾道中学校を平成18年4月に併設したのも、まさしく時代の要請や地域の期待に応える学園の基本精神にもとづくものです。
 尾道中学校では、「挨拶日本一」を目指して他者を尊重する態度を養い、県下で唯一「七つの習慣JⓇ」の導入校として生徒たちの自主的な意見が飛び交う授業を見据えて、今求められている新しい学びを支える基盤、仲間を信頼し安心して自分を表現できる環境づくりをすすめています。また、キャンパスを同じくする高校生と学校行事や生徒会活動、クラブ活動などで共に学ぶことは、個性あふれる上級生たちがそれぞれに備えた多様な価値と傑出した力に大きな刺激を受けて、中学生たちに尾道学園で学ぶことの誇りと自らの可能性を広げ個性をかたちづくることを導きます。

60周年を迎えた尾道学園は、礼節を重んずる進学校として、引き続き学習を通してスポーツを通して、
生徒たちがこれからの自分を信じて仲間を信じて志を高める教育活動をつづけます。
 皆さまからのこれまでのご支援にお礼申し上げ、これからも一層のご理解とご協力をいただきますよう、
お願い申し上げます。
 私たちは「地域の期待に応え、地域から信頼される学園」として邁進いたします。




 尾道中学校 校長 三藤 義郎 (みとう よしろう)



                                                                                                 

戻 る